カクテル(お酒)のレシピ・種類(分類)・作り方(技法)・道具選びから、岡山の達人バーテンダーやおすすめのショットバーまでをご紹介するCocktailとBarブログです。

カクテルdeナイト



HOMEスポンサー広告 ▶たんぽぽ酒HOME酒雑学・カクテル用語 ▶たんぽぽ酒

記事のサイトマップ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) |

≫ EDIT

たんぽぽ酒

先週末、ぽかぽか陽気に誘われて、旭川(岡山)の土手につくし狩りに行きました。
去年よりすこし早めだったので、不安が頭をよぎりましたが、大丈夫でした。
ちょっとフライング気味で、数は少なかったのですが・・・

たんぽぽ

充分、おかずの一品に加わりました。

その時、たんぽぽも、ちらほら咲いていました。

「たんぽぽのお酒。この言葉を口にすると舌に夏の味がする」とは、
レイ・ブラッドベリの小説『たんぽぽのお酒』の一節。
お酒のなかにロマンと青春のほろにがさを封じ込めた少年ファンタジーの不朽の名作です。

そこで、ひとつ「たんぽぽのお酒の作り方」をご伝授しましよう。

1. 新鮮なたんぽぽを入手する。
2. 入手したタンポポと同じ量の熱湯に入れ、かき混ぜてから、ふたをして3日ほど寝かす。
3. ザルでこす。こしたものが、たんぽぽ液。
4. 砂糖(一リットルに350gが目安)、オレンジとレモンの皮、ショウガを加え、30分ほど煮出す。
5. 冷ました後、トーストパンの切れ端を浮かべて、イースト菌を乗せて、ふたをして2日ほど待つ。
6. パンを取り除き、濾過して瓶詰めをして、コルク栓を閉める。
7. 数ヶ月ほど冷暗所な貯蔵すれば出来上がり。

今年はぜひ、たんぽぽ酒づくりにチャレンジして、少年の頃の記憶を呼び起こしてみたいなあ。

たんぽぽのお酒 (ベスト版文学のおくりもの)たんぽぽのお酒 (ベスト版文学のおくりもの)
(1997/08/01)
レイ ブラッドベリ

商品詳細を見る
関連記事
FC2タグ : つくし * たんぽぽ * *

| 酒雑学・カクテル用語 | 11:43 | comments:0 | trackbacks:0 |

COMMENT














TRACKBACK URL

http://cocktailok.blog34.fc2.com/tb.php/72-0536b7e3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。